売れるセールスコピーのテンプレートが持っている特徴

セールスコピーで必要になるのは、返報性と呼ばれるテクニックです。返報性とは、お返しをしたいという心理を指します。一般的に人は、他人から何かしてもらうと、それと同程度のお礼としたいという気持ちが働きます。例えば試食が良い例です。ランディングページでも、モニター制度やサンプルプレゼントなどによって、購入意欲を刺激します。売れるセールスコピーのテンプレートでも、読者が喜ぶ情報提供や、メルマガによるサービス提供を行った上で、会員登録や商品の購入を上手に勧めます。無料で利用可能なテンプレートもダウンロードできますが、それぞれの商品によって、自分でセールスコピーを考えた方が実力がつきます。またテクニックとともに構成力も重要です。

これにはまず悩みに共感し、それを解決したいと感じさせる文章力が必要です。解決への欲求を高める前に、商品だけ売り込んでも効果がありません。順番としては、問題を提起してから、このままで良いのか、読者に訴えかけます。そして放っておくとひどいことになると、危機感を抱かせてから、解決策を示します。このプレゼンテーションは、視覚的に訴えかける必要があるため、動画やアニメーション、さらに最近は漫画という手法で閲覧者に情報を伝えます。そしてこの商品は期間限定であることや、品数が少ないなどの緊急性をもたせて、売り込みます。これをスマートに表現するのが、セールスコピーライターの腕の見せ所と言えます。

さらにクリックボタンは大きく目につきやすくして、コンバージョン率を高めます。同じエリアに、問い合わせフォームやフリーダイヤルを記載しておくと、閲覧者の信頼度が高まります。口コミやレビューがあれば、積極的に配置すると、さらに信憑性が上がって効果的です。さらにHPとコーディングには、深い関係があります。プログラミング言語を使って、ソースコードの記述を行うことをコーディングと呼びますが、これを行わないと、サイトが完成しません。デザイン制作は大切ですが、ランディングページやネットショップサイトを完成させるには、HTMLやCSSなどのマークアップ言語で見出しをつける必要があります。さらにフォントを太く見やすくしたり、デザインをブラウザで見える形に整えたりしなければ、サイトとは言えません。これらの作業を含めてコーディングと呼びます。売れるランディングページや通販サイトは、優れたコーディングが行われています。