youtubeを使った広告によるセールスコピーの優位性

youtubeはgoogle社によって運営されている動画共有サイトとして知られ、利用者登録を行えば自ら製作した動画などを編集しアップロードできる機能を有しています。アップロードした動画は、好みの検索キーワードなどで検索された場合、検索結果で動画が上位に来る場合があり、多くの方にも公然と閲覧できる動画となります。youtubeの魅力は、個人でも企業でも自由に動画を製作してアップすることが出来る点と、圧倒的なユーザーの方にも興味や関心を持ってもらえる動画としての役割を持たせることが可能です。つまり誰でも発信できる魅力と興味がある方の閲覧を確実的に増やすことができる魅力があります。現在は話題の豊富なyoutubeを上手に活用して、商品やサービスのセールスコピーを動画にて作り出すことで広告が展開でき、売り上げ数を伸ばすことにも貢献させることも可能です。

人間の心理面においては、活字によるイメージ化よりも動画などの動きがある媒体の方がイメージを得られやすい点があります。活字を読むことは積極的な意思が働き能動的に行う必要がありますが、動画の閲覧は受け身でテレビと同じ様な感覚で聞き流し閲覧できる長所が存在します。また動画による広告展開の方が動きがある分だけでイメージ化されやすい点もあり、効果的な広告展開を行うこともできます。それにセールスコピーをマッチさせていけば、爆発的な効果を生みだす可能性を秘めています。視聴者の心理に、たまたま見た動画で興味深い、面白いなどの感性に訴えかけることができ、それからより深く掘り下げて見られる存在になります。

消費者の興味を得ることができれば、それはしめたもので後は商品やサービスのセールスコピーを確立していくことで、人々の購買意欲を高めるための工夫を凝らせば良いだけです。従って現在、結果が出るホームページとリスティング広告を展開する上では、youtubeの存在は欠かすことができず、興味を持たれる動画広告を発信し続けることがポイントです。例えば動画の最後の方に、商品・サービスのことをより良く知りたい場合には、そのリンク先を貼り付けておくとさらに関心がある方のアクセスを増やすことができます。もちろん広告動画自体が、リスティング広告として上位に検索結果が現れる可能性を秘めている点もあります。優秀なセールスコピーと質の高い動画をyoutubeでアップロードし続けるだけで相乗効果が生まれ、多くの視聴者の方にも閲覧される機会が増え、口コミでも話題となって売上数アップに繋げることもできます。