セールスコピーとは営業トークが元になっている

セールスコピーとは、営業トークを基にして作成される文章です。つまり、売りたい商品やサービスがどのような点で優れているのか、それを購入するとどのようなメリットが享受できるのかといったことを、アピールしていく文章です。最終的には、セールスコピーによって消費者に実際に商品を購入してもらうことを目的としています。そのため、セールスコピーの作成にあたっては、消費者目線でこの商品やサービスを購入したい、と思わせる内容で作成する必要があります。

通販のHPと運用にあたっても、このセールスコピーが重要な要素となります。LPとは、ランディングページの略で、消費者が最初に着地するホームページを指します。狭義では、特定の一つのページで、それのみで最終的な購入にまでつなげる目的で作成されるホームページを指します。そこでは、それを見ただけで商品やサービスを購入したいと思わせる公正でないといけませんので、セールスコピーの考え方が重要になります。また、LPはそれだけではなく、そのページを訪れた人が他のページに抜けてしまわないように、購入や問い合わせに関するリンク以外を貼らないのが特徴です。これにより、ダイレクトに商品やサービスに対してのアクションを期待することが可能となります。近年、広告に占めるインターネットの割合は増加しており、消費者も従来のテレビCMよりも、自分で検索をして目に付いた商品を購入する傾向にあるため、LPの果たす役割は非常に高くなっています。

LPの作成は、自社で行うことも可能ですが、ノウハウがなければきちんと購買に役立てることができるだけのサイトを作ることは難しいです。そのため、もしノウハウがなく、必要な人材を確保するのが難しいというのであれば、外部に委託するのがおすすめです。LPの製作から運用までを請け負っている会社は存在していますので、その会社に任せれば、自社で運用する必要がありませんので、手間を省くことができます。また、それを専門としているだけあって、そういった会社はしっかりとしたLPを作ってくれますから、ダイレクトに顧客を獲得することも難しくはないでしょう。

色々な業者がありますが、利用するなら実績のある業者を選んだほうが良いです。実績があるということは、それまでに培われたノウハウが蓄積されているため、より依頼者のために最適なLPを作ることができますから、そうではないところより選ぶメリットがあります。