LPのセールスコピーとデザインはチラシに似ている

HPとデザインは、セールスコピーを活用していて、チラシに似ている構成となっています。チラシは、消費者に直接購買を促すために作成されますが、LPもそれは同じです。LPがチラシと異なる点は、媒体がインターネットであるという点です。インターネットの場合、別のサイトを見ることも容易であるため、そこから回避されずにいかに消費者を囲い込むのかが重要となりますが、その点が紙の媒体とは異なる点となります。回避をされないようにするためには、LPから余計なリンクを省くというのが一つの手段です。リンクがあれば、そこから別のページに逃げやすくなりますから、直接購買につなげることができる消費者の数を減らす要因となります。そのため、LPは、申し込みや問い合わせ以外には余計なリンクは用いません。

そして、小手先のテクニックは以上ですが、そもそも売りたい商品やサービスが魅力的であると感じてもらえなければ、いかに小手先のテクニックを工夫したところで、ダイレクトに閲覧した人を商品やサービスに結び付けることはできないでしょう。したがって、LPにおいては、他のサイト以上にセールスコピーが果たす役割も大きいです。セールスコピーの出来いかんによって、売上にどの程度つなげられるのかが変わってきます。そして、セールスコピーで重要なことは、消費者がその商品の内容を理解して、そしてそれを利用することが自分にメリットがあるということを感じてもらえる内容である必要があります。そこで、具体的な文章や実例を交えて、写真など視覚的なものも交えつつ構成していく必要があります。こういった構成は、まさに紙の媒体であるチラシと似通っているところがあります。

LPは、長い一つのページで、それ以外にリンクを貼ることはしませんから、その一つのページで情報は完結さえなくてはなりません。ちょっと情報を調べてみようと思ってしまえば、その情報を調べる過程で競合する他社へと流れてしまう恐れがあるからです。そのため、セールスコピーが消費者にメリットを単に訴えるだけではなく、そこだけで、消費者が購入しようと考えるに至ることができるだけのすべての情報を記述するということも、LPの公正としては重要なことです。作成にあたっては、実際のLP記事を参考にしたり、チラシを参考にしたりすると良いですし、より短期的に効果を上げたいならば、作成代行をしている専門の業者に依頼するのも良いです。