優れたセールスコピーを作るスキルはビジネスに不可欠

優れたセールスコピーを作ることはビジネスを行う上で欠かせないスキルとなります。近頃の社会では、ダイレクトメールや、ウェブサイト、ソーシャルメディア、ブログ、パンフレット、カタログなど、セールスコピーを活用しないとビジネスが成立しなくなってしまいます。広告でも、購買意欲をかき立てるようなセールスコピーが作れるスキルがないと、同じ金額の資金を投資しても、売上も集客数も大幅に違ってきます。

優れたセールスコピーを作るためには自分の立場で文章を考えるのでなく、読むことになる人の立場で文章を考えるということが重要になります。ターゲットにしている人に自分が考えた文章を読んでもらうには、読む人の気持ちを想像して作る必要があります。なぜなら、読む人により伝えたいメッセージが変わってくるためです。読む人の年代や、性別がどうなっているのかや、何に関心があり、興味があるのか、どのような言葉づかいを普段からしているのかなどを考慮して考える必要があります。新聞や、雑誌を読むときに関心や、興味がある見出しを選んで、記事を読んでいるのと同じように、自分に関心や、興味があることが掲載されていないと文章を読みたいと感じません。そのため、ターゲットにしている人の立場を理解して、ターゲットにしている人が惹きつけられるようなセールスコピーを考案することが必要となります。

そして、セールスコピーには幾つかの意味を含ませずに、伝えたいことを1つだけに絞り込むことが重要になります。文章に幾つものメッセージが含まれていると読んでいる人が混乱をしてしまいます。また、キャッチコピーが一番重要となるということを意識して作る必要があるということになります。およそ6割ぐらいにあたる方は初めの何行かの文章を読んで、その後に書かれている文章を読み進めるかどうかを決めています。ですので、初めの何行かに様々な関心や、興味を惹くための工夫を凝らすことが必要になります。ターゲットとなる人たちが、後に続く文章を読み進めたくなるようなキャッチコピーを考え、最後まで読むと良い理由や、動機を与えられるような書き出しにするといった工夫をする必要があります。また、セールスコピーを読んでもらいたい人がイメージを描きやすいように、なるべく多く例を挙げると読んでもらいやすくなります。例は、分かりやすくメッセージが伝わるように、できるだけ身近でイメージをしやすい物を選んで使うスキルが必要となります。