書籍を売る為のセールスコピーの書き方

書籍の通販のホームページの製作をおこなっているけど、セールスコピーが全然思いつかないという人もいることでしょう。インターネットが普及した今、ランディングページは書籍などの商品を売る時にはとても重要になってきます。思わずこの書籍を読んでみたくなるセールスコピーがランディングページに書いてあると、書籍の売り上げにもとても貢献します。
しかしコピーライターでない人が、いきなりセールスコピーを書けと言われてもかなり難しいです。売れるためのセールスコピーのコツをここでは紹介するので参考にしてみてください。大事なのはその商品を購入して欲しいターゲットをはっきりさせることです。売りたい書籍を読む人のターゲットを明確にしてセールスコピーを書くようにしましょう。

消費者の利益をわかりやすく紹介するセールスコピーを書くこともとても大事です。この商品を購入すると消費者にはどんな利益をもたらすかを書くと、商品に購買意欲が増してきます。より安い商品を購入したい人がターゲットならば安いという言葉を書くと効果があります。特に通販などは安いというコピーがとても有効的です。
説得力のないセールスコピーは、逆効果になってしまいます。たとえばこの商品を1円で提供しますなど書かれていても、何か裏があるんじゃないかと不安になるものです。説得力をもたせるセールスコピーは、これだけの効果があったなど、効果を説明していると信用して購入しようという気になります。なぜそんなに効果がでるのか理由を書いておくことも消費者を安心させる効果があります。

通販サイトを立ち上げたけど、いまいちWeb集客が少ないというケースもあります。そういう場合はランディングページ製作に力を入れてみるといいでしょう。なぜランディングページ製作に力をいれた方がいいかというと、リスティング広告やバナー広告をクリックすると、ランディングページにたどり着くからです。その時にランディングページが分かりにくかったり、興味がわかないとすぐに他のサイトにアクセスされてしまいます。少しでも自社のランディングページにとどまってもらうようなページ製作をすることが、やがて商品の売り上げにつながるというわけです。
しかし一般の人が魅力的なランディングページを製作するのはかなり難しいので、ランディングページが得意な専門業者に依頼すると安心です。業者選びはできるだけ信頼できる所に依頼しましょう。