独立してセールスコピーの仕事の依頼を獲得する方法

セールスコピーを書く仕事をしたい時は、セールスライターを募集している企業に就職する方法と起業してセールスコピーの依頼を獲得する方法の2つがあります。宮仕えでも良いから「とにかくセールスコピーを書きたい」というのであれば。従業員として働くことができます。Webマーケティング会社の求人広告の中に「セールスライター」や「セールスプロモーション」の文字を見つけて応募してみるのが良いでしょう。しかし、多くの人はセールスライターとして独立して仕事をしたいと考えているのではないでしょうか。では、セールスライターとして独立起業した時はどのように依頼を受ければ良いのでしょうか。

セールスライターとして独立しても、何の実績もなければ依頼が来るわけがありません。まずは実績作りに励むのが良策です。できれば副業としてセールスコピーを書きながら、セールスライターとしての実績を作ってから独立することをおすすめします。クラウドソーシングサイトには数多くのライティング案件があるので、その中からセールスコーピーの案件をピックアップしてみてはいかがでしょうか。ただし、報酬は高くはないのであくまでスキルの練磨と実績作りを目的としたほうが良いでしょう。独立するのは実績を作り、セールスライターとしての自信をつけてからでも遅くはありません。

実績と自信が持てるようになったらいよいよ独立して仕事の依頼を受けることになります。しかし、ただ待っていても依頼が舞い込むことはありません。自ら営業して仕事の獲得に動く必要があります。では、どんな相手にどのように営業したら良いのでしょうか。セールスライターの主戦場はWebの中にあります。まずは自分が得意とする分野のキーワードで検索して、良い商品を持ちながら宣伝がうまくないWebサイトを探し出します。そして、問題点や改善点を洗い出し、売るためコピーを書いて提案営業をします。例えば健康食品の会社なら実際にその商品のランディングページを作成してプレゼンして仕事を獲得します。これで健康食品のホームページの作成代行の実績が1つできました。売上が増加すれば、継続して依頼を受けることもできるでしょう。ただし、実績がないまま営業する時は価格を安く設定するか成功報酬型にしたほうが仕事を獲得しやすくなります。初めは実績を積むことに集中して数をこなすことが大切です。いずれ実績を積み上げ、評価が上がれば自然と依頼が舞い込み高報酬を手にすることができるようになるでしょう。