セールスコピーの広告文を作るときに気をつけること

ブランドのイメージが良くなったという結果だけでは、イメージコピーとしては良くても、売上に直結しなければ、セールスコピーとしては通用しないことになります。優れたセールスコピーであるかどうかは、広告業界が評価するものでも、コピーライターの方たちが評価するものでもありません。コピーによって生み出された売上だけが優れているかを評価する基準になる訳です。

お得であることを前面に打ち出した広告と、ベネフィットを前面に打ち出した広告では、集客できるお客様の質が違ってきます。長い目で見てみると、リピーターになる確率も違ってきます。リピーターになる確率も考慮に入れてセールスコピーを考える必要があります。安いことをアピールして集客をしたとしても、競合他社がそれ以上に安い商品を提供してきたら、お客様は、その競合他社の方に流れてしまいます。そうなってしまうのは、来店する理由が安いことだけだからです。広告はまるで磁石のようにアピールした内容の通りの集客がされることになります。セールスコピーを胡散臭い、大げさだと感じることは少なくありませんが、これはセールスコピーの内容が良くないからです。優れたセールスコピーは、胡散臭さや、大げささを感じることはないものです。

最もお客様に反響を与えられたかどうかについて影響を受けるのは、キャッチコピーになります。キャッチコピーが広告において1番重要な部分なのかどうかというと、表面的には正しいといえますが、本質的には正しいとはいえません。売上に結びつくキャッチコピーを考えるためには、市場や、お客様の望んでいることを充分に理解しておく必要があります。つまり、最も大切なのはキャッチコピーよりも分析や、リサーチということになります。人間は、自分が欲求していることについての言葉に敏感に反応する性質があります。例を挙げれば、糖尿病のリスクに不安を抱えている方は、糖尿はもちろんのこと、血糖値や、糖質、肥満などといった言葉に対して自然と注目するようになります。そして、それらをキーワードにして検索を行ったりします。キャッチコピーを作るときには、このような言葉を挿入するのも良い方法の1つとなります。検索されやすいキーワードを挿入したキャッチコピーは、クリックされる確率が高められます。ランディングページの広告文の方にも検索されやすいキーワードを挿入しておきます。この方法がクリックされる確率を1番簡単に高められ、直帰率を抑える方法になります。