顧客向けのセールスコピーは原則を掴む

セールスコピーは、商品を販売する上で顧客に与えるべき印象を文章を用いて伝える上で必要となるものです。商品を見る視覚的なイメージとそのイメージからのメリットが湧き上げる様な文章にすれば、それを読んだ人は心から欲しいと思い消費行動に結び付き、販売数を増やすことができます。その販売数を得るためにもセールスコピーが重要視され、顧客の流行やニーズを生み出したり、口コミでも話題になるための必要な要素となります。そしてセールスコピーには原則が存在し、大々的に販売や営業をする方は、それを押さえることが重要です。

まず商品のことを顧客が注目しやすく、興味を持つ様に仕向ける工夫が必要で、そのためにはシンプルで理解しやすい言葉での表現がポイントです。多くの人は日常生活や人間関係などでもイメージを大切にする傾向があり、このイメージが湧きにくい理解しがたい複雑な表現を嫌う傾向があります。興味や関心を持つことはイメージされやすいのが前提になりますので、イメージが湧きやすい様にシンプルな表現が最適となります。次にセールスコピーを書く上での重要な原則は、対象とする顧客を明確化させることも必要です。商品には必ずそれをターゲットとする消費者層を想定して置き、その方向けへのセールスコピーを展開することで、ターゲット層の心を捉えると販売数のアップに繋がります。誰でも良いとターゲットが絞れないのは、売らんがためという目的があからさまになるため、これを嫌う消費者も多かったりします。

さらに対象の顧客層のターゲットが決定したら、そのターゲットに向けてのキャッチコピーの作成を検討していきます。このキャッチコピーの内訳には、欲求ワードを売りワードを繋げたもので、商品を必要とする人に訴えかける効果を持つべき存在となります。欲求ワードとは人間の好奇心・欲求に訴えかけるキーワードというべき存在で、商品を連想させる言葉や興味・関心を抱かせる言葉です。そういった人の欲求に訴えかける効果がある言葉は何かを把握していきます。そして売りワードとは、営業におけるセールストークと一緒で、顧客が購入した方が良い、お得だ、身の為になると購入に至るきっかけを与える言葉となります。売りワードのポイントは、さりげなく購入を促す言葉となり、あくまでも直接的な購入の奨励を避ける点となります。この欲求ワードと売りワードを繋げたものがキャッチコピーとなり、それが商品の良いイメージにも結び付くこととなります。セールスコピーでは、こうしたキャッチコピーの役割が購買意欲にも繋がっていきますので、キャッチコピーを大事にすることで目的を達しやすくなる可能性も高いです。