売上アップにつながるセールスコピーを作るコツは?

化粧品の通販の売上をアップさせたいのであれば、通販サイトの作り方に注意しなければなりません。化粧品のHPと制作を成功させて高い効果を上げるには、セールスコピーを作るコツを把握しておくことが重要です。最も基本的なのは、自分にスポットライトを当てるのではなく、相手にフォーカスすることです。たとえば創業や理念などを解説する内容は、自分たちにスポットライトを当てているだけです。そのようなセールスコピーが目に入っても、もとから特別な興味がない限り途中で読むのをやめてしまいます。そのため、あくまでも読んでいる人に関係があると感じさせる内容にしておくことが大切です。

付加価値を明確にすることも優れたセールスコピーを作るコツといえます。メインの価値はセールスコピーを読まなくても把握できることが多いです。商品名を見ただけでも推測できることも多いです。そのため長々と説明しすぎると苦痛を与えてしまい、最後まで読んでもらえないかもしれません。嫌気がさしてサイトから去ってしまうと、ビジネスチャンスを逃したことになります。そのためメインの価値については簡潔な説明にとどめておき、付加価値に重点を置くのが得策です。付加価値が複数ある場合は、最もアピールしたい内容に絞ることも大切です。いろいろ盛り込もうとすると、一つひとつの印象が薄れてしまいます。それどころか必死に売ろうとしている印象を与えかねないので要注意です。付加価値に順位を設けて、上位のものに絞って紹介しましょう。

シンプルな内容を心がけることも忘れてはいけません。詳しく説明しようとするあまり、専門的な用語を使用してしまう人がいます。そのような人は、専門性が増すと説得力がでると勘違いしているケースが見受けられます。しかし専門用語を用いると、見ている人に突き放している印象を与えかねません。できるだけ平易な言葉を選んで解説することが重要です。目安としては中学生が理解できるぐらいの言葉を選択すると良いでしょう。一文が長くなりすぎないように配慮して、改行も適切に行うことが重要です。堅苦しさがあると、それだけ読むのをやめてしまう人が少なくありません。また具体的な表現を多く使うことも、セールスコピーを作るうえで重要なコツです。抽象的な表現を多くすると、主観的な文章に見えるので信頼できないと判断されるかもしれません。具体的なデータを盛り込んで客観性を持たせましょう。