セールスコピーでの資格の必要性

セールスコピーとは、物を販売する時に使用する言葉のことです。言葉ひとつで人の心を動かさなければならないので、非常に大きな力を持っていると言えます。頭に残る言葉を考え、アピール方法を考えます。セールスコピーにより、売上状況は大きく変化するとも言われています。コピーライティングにはイメージコピーというものが存在し、ある言葉を投げかけることで、想像し興味を持ってもらうことを言います。イメージコピーではとにかく宣伝をすることが第一なので、おもしろそう、楽しそうといったプラスの局面で商品を知ってもらうことにあります。それほど大きく売上げには影響しないので、アピールできれば目的をクリアしたのと同じことです。セールスコピーでは、文章により売上を伸ばさなければなりません。売上が変動しなければ普通に文を書いたのと同じことです。

セールスコピーで仕事をしようと資格を取ることは、あまり意味がありません。素人でも勉強をすれば書けるようになるからです。よって、コピーライターへ頼む必要もありません。はじめは少し時間がかかるかもしれませんがアイデアを駆使すれば割と良いものができるものです。ポイントさえ押さえておけば必ず書けるようになります。もちろん本格的に始めるには誰かに指導してもらわなければなりません。自分で書いたものが正しいのか、どこがいけないのかは、自分よりもできる誰かに読んでもらうことで解決します。初めは先生が必要ということです。資格はなくても出来る仕事ですが、先生がいなければ良い仕事には直結しません。どのような書き方をすれば相手の心に響くのか、興味を掻き立てられるかなど、常に考えていることが大切です。

健康食品のHPの改善において、初めから詳細な事ばかりを書くのは改善点だと言えます。どの様な効果があるのかを知ってもらいたいあまり、書く内容が枝分かれに細くなっていきます。せっかくページを見つけてもらえても、興味を持ってもらえるまでには至らないでしょう。もちろんそこから詳細なホームページまでは誘導できそうにありません。分かりやすく簡潔に、忘れない言葉を配置し、記憶に残してもらえるように工夫をすることが大事です。健康食品では様々な成分が使われているので、その効果を知って欲しいと願う気持ちはわかります。しかし読み手側は、まだそこまでの気持ちの変化はありません。そこでセールスコピーを利用し、売上に結びつけていくのです。資格とは別に、多くの知識を持っていることも、セールスコピーの大切な要素となります。