寺本隆裕氏から学べるセールスコピーの極意

セールスコピーライターは特段新しい職業ではありません。新聞や雑誌のPRページやダイレクトメールの作り手として以前から活躍しています。そして、インターネットが普及して誰もがWebサイトから情報を得るようになった今、その需要が増加して俄然注目度が高まってきました。一般的にコピーライターを聞くとテレビCMで見るようなキャッチコピーを考える人を思い浮かべる人も多いでしょう。アイディアに富んだ特別な才能がなければなれないと思ってしまうかもしれません。しかし、セールスライターはライティングスキルを基礎から学ぶことで誰にでもなることができます。

セールスコピーライターの第一人者として知られるのが寺本隆裕氏です。寺本氏はシステムエンジニアというコピーライターとは全く違う分野からセールスコピーライターに転身して成功を収めた人物です。当時、日本にはまだセールスライティングの技術が確立しておらず、Webマーケティング先進国であるアメリカにその技術を求め独学で学んだそうです。そして今や「日本で一番フィーの高いウェブ・セールスライター」と呼ばれるまでになりました。寺本氏は自らが学んだ本の監訳者として、あるいは著者としてセールスライターの技術を提供してくれています。Webサイトでモノを売る基本からコピーの作り方、ユーザー心理のコントロールの仕方、アプローチの仕方などセールスコピーだけではなくWebで成果を上げたいすべての人に役立つ情報を学ぶことができます。また、寺本氏が取締役をつとめるダイレクト出版株式会社が行う「コピーライター養成プログラム」にはコピーライティングの通信講座、教材があり、ここからも学ぶことができます。

今、インターネットは日常生活に染み込んでいます。実物を目で見て手で触れることなく購入することの不安が薄れ、通販でモノを買う抵抗は無くなりました。どの企業もインターネットで集客してそこから利益をあげる時代です。どんなに商品が優れていてもランディングページのセールスコピーがよくなければ売ることができません。それだけに高いセールスライティングスキルを持ったライターが求められています。また、セールスライティングの知識はホームページと作成などのWebの世界だけではなくリアルなビジネスでも大きな力になります。ビジネスで成長しようと思うなら寺本氏からセールスライティングのスキルを学んでみてはいかがでしょうか。