食品をインターネットで売却する時のセールスコピー

現在はインターネットで様々なものを売却していますが、広告やランディングページを利用すれば、全国の人に食品を届けることもできます。食品と言っても、生ものは難しいですが、日持ちがするものであれば利用することができます。インターネットで商品を売却するためにはランディングページが必要になることもあります。ランディングページを作る時にはセールスコピーをいくつか入れる必要があるでしょう。当然広告を作る時にもセールスコピーを入れることが大事です。セールスコピーを入れるのは非常にむずかしそうに感じますが、いくつかコツをつかんでおけばそれほど難しくありません。形からいえば、まず一文を読みやすくすることです。読みやすくするためには簡単な文章を作ることが必要ですが、小学校四年生ぐらいでもわかるないような書き方にしておきましょう。それと同時に一文を短くしておくことが必要になります。特に文字数は決まっていませんが、20文字から30文字程度で押さえておくことで、だれが読んでも読みやすくなります。逆に、一文が長いと文章を書くのが難しくなるだけでなく読みにくくなります。

次に気をつけたことは、セールスコピーは必ず文章につなげることです。セールスコピーを何のためにあるかといえば、文章を読んでもらうためにあります。もちろん最終的には商品を購入してもらうためにありますが、そのためには文章を読んでもらわないといけません。つまり、広告に書かれているコピーであれば、ランディングページを読ませるための仕掛けが必要になります。とにかくランディングページを読ませるためにセールスコピーに命をかけることです。しかし、違法なやり方ではいけません。また違法ではないけども中身がないような内容や、事態と異なるものもよくありません。大げさにすることで目を引こうとする人もいますが、ランディングページにつなげたとしても、最後まで読んでくれる可能性は少なくなるでしょう。あくまで、顧客にとって魅力的と感じる内容を作るものです。つまりあまりテクニックにこだわりすぎてはいけません。顧客が見た時にこれなら、広告をクリックしてもいいだろうと思わせる内容が必要です。
ただ、何も見ずにそれが重い浮かぶ人はほとんどいないでしょう。そのようなときには、ほかの人が書いたセールスコピーを読んだり書籍を買って研究することも大事になります。また、ランディングページを作ってくれる業者によっては、通販のホームページのセールスコピーを専門的に行っているところもありますので、利用してみるのもよいかもしれません。